<   2007年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

マジ話っ。だけ引用。

1つの事を記憶するのに、他を犠牲にする事は仕方なく。
多分他人より、記憶は歯抜け状態だと思う
変な部分だけは色濃く残ってても、肝心な所が抜けてるって良くある事で
人間の能って、寝れば厭な事は・・・
都合良く書き換えられたり、忘れられる様に出来てるらしいが
時にそれは通用しなくて、逆に色濃く残ってトラウマになったりと
ある訳だが、それで言うと自分はどっちなんだろうって思った時
半々かな?(えぇ中途半端な!?って声が聞こえそう)

都合良く処理してる部分も、消えてしまわず残ってる部分ある訳で
100%都合良く忘れてしまえる事って無いんだなと
不意に思ったわけです。

で、歳とともに?
肝心な部分の所が抜けてる事が多くなってるような、気がしないでもない。
それを留めて置くには、日々繰り返し繰り返し思う事!・・・なのかな?
何かを想うって行為は、この20年絶えずやって来た行為だけど
それでも失われてく物はある訳で、100%留めて置く事も
人の脳では、不可能なんだな~~~~ってしみじみ思ったしだいです。

忘れたくない事も、忘れたい事も
忘れちゃう事も、忘れられない事も
多分等しく、半々なんだなと

どれだけ自分が想っていても、何を忘れて何を覚えていられるって
ある程度は自身で可能な事だけど、
結局その殆どは自分とは離れた所で決まってる物なんだなと

じゃあ、俺はその可能な部分で何を記憶したい?
って聞かれたら、出逢った事を覚えて居たいです。(照笑)
例えそれが、どんな経路を辿ってどんな末路だったとしても
出逢った事は、忘れたくないです。どんなに辛い物でもね♪

まぁ、こんな事言ってるから日々後ろ向きなんだろうけど(爆腐死)
[PR]

by akira-kousaka | 2007-11-11 16:25